国内&海外ホテル予約『トリバゴ』

宇野昌磨選手は珍しいタイプ?

今回の平昌オリンピックに初出場した宇野昌磨の言動に多くの人が感じたことではないでしょうか。

『あれ?この人変わってる?』

別に悪い意味でではなくて今どきの子だなって意味で、年配の人間からすると宇野昌磨選手は珍しいタイプに感じたのではないかなと。

宇野昌磨選手は『全員の演技を見ていて点数も見ていて当然自分の自己ベストも知っているのでどの演技をしたらどの順位になるのか大体わかっていた。なので全部成功したら1位だと思っていた』とコメントしていたことに解説者のトリノオリンピックフィギュアスケート女子金メダリストの荒川静香さんも驚いてました。

普通の選手は、ほかの選手の演技をなるべく見ないように自分の演技だけに集中しようとします。ほかの人の演技に自分の演技が影響されないようにするために。

でも宇野昌磨選手は全員の演技を見て点数を把握してそれを踏まえた状況の中で冷静に演技をしたという。

また誰もがオリンピックを特別なものに感じているのに対して、他の大会と同じだと淡々と言ってしまう宇野昌磨選手は今どきの子ってそんな感じなんだとびっくりしてしまった。

おそらく緊張も何もしていないでしょうね。大物ですよね。

宇野昌磨選手はまだ20歳。この若干20歳の青年の今後フィギュアスケート人生はどのようになっていくのか、まだまだ注目していきたい。