北海道上士幌町の返礼品が良いです →ふるさとにはいいものがある「ふるり」

思い出の土を京焼に

なんと思い出の土を京焼にするというプロジェクトがあるらしい。

人間というのは思い出を支えに生きている。思い出のある土地の土を使って京焼を作る!茶碗だったり湯飲み、表札を作りその京焼を見て今後の人生に役立てようというプロジェクトらしい。

はっきり言って、よく理解が私にはできない・・・。

まず思い出の土地の土って、そんなに大事か?と思ったがよく考えてみたら土を思い出にする人たちいたなぁ~!そうだ!そうだ!甲子園球児は、甲子園の土を大事に持って帰るよね。

その土で京焼かぁ~。と考えてみたけどやはりぴんと来ない・・。思い出がないからそう考えるのかな。それはショックだ。

でもそれをプロジェクトにしている人たちがいるということは需要はあるのでしょうね。世の中にはいろいろな人たちがいるもんだと感心してしまった。

でもやっぱり甲子園の土が茶碗になってしまったら・・・それはショックではないのか?と思ってしまった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする