大谷翔平投手の仲間に見せた粋な気遣いとは

チームが連敗中とあってチームの雰囲気が悪い中での大谷翔平投手の登板!この日は、最長7回2/3を投げて9奪三振2失点の快投で、チームの連敗を「5」で止めた!

抜群の活躍を見せたの大谷翔平投手。



そんな大谷翔平投手は「援護点もそうですけれど、(外野手の)カルフーン選手は必死で打球を追いかけたが捕れなかった。でも必死にボールを追ってくれた。僕自身も勇気付けられるプレーがありました」と試合後にコメント。

自分の活躍だけでなくしっかりとチームメイトに見せた気遣いは、まだ20代でメジャー1年目の若者とは思えないものでした。

やはり、大谷翔平投手は只者ではない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする